自宅で簡単ホワイトニング♪歯磨き粉「シロクナリーナ」でケアしよう!

自分の口元って気になりますよね。

歯がくすんでないか黄ばんでないか気になって、笑う時歯を出して笑うのが苦手だったり…。

私も一度歯医者さんでホワイトニングの相談をしたんですが、あまりの費用の高さに諦めたことがあります。

そんな経験のある方はいませんか?

今回紹介する「シロクナリーナ」は自宅でホワイトニングが出来る歯磨き粉なんです!

いつもの歯磨き粉を「シロクナリーナ」に変えるだけでOKという、超絶ありがたいアイテムなんです。

SHIROKU NARI-NA(シロクナリーナ)

ホワイトニングとは

その前にホワイトニングとはなんぞや、というところから説明させて下さい。

歯科医院で行うホワイトニングとは、薬剤を歯に塗布し、歯に蓄積された着色(ステイン)を漂白することで、人工的に歯を白くする治療方法なんです。

薬剤を使うため、歯を削る必要はありません。

そして歯科医院で行うホワイトニングには2種類あります。

歯科医院で治療してもらう「オフィスホワイトニング」という方法と、歯科医から指導してもらい自宅で治療を行う「ホームホワイトニング」という方法です。

どちらもメリット・デメリットがありますので、次の章で説明しますね。

ホワイトニングのメリット・デメリット

まずはお医者さんに治療してもらう「オフィスホワイトニング」。

こちらは歯に薬剤を塗布した後、歯に特殊なライトを当てて歯を白くする方法です。

即日で効果が実感できるのがメリットですが、神経を抜いている歯が多い方などは痛みを感じる方も多いようです。

一方、医師から指導を受けた後自宅で行う「ホームホワイトニング」。

こちらは歯科医に専用のマウスピースを作ってもらい、そこに自宅で薬剤を入れて毎日2時間ほどマウスピースをはめていなければなりません。

しかも調べたところ1日だけではなく、連続して2週間くらいが相場のようです。

痛み等はないようですが、このように手間と時間がかかってしまうのがホームホワイトニングです。

そしてホワイトニングは保険の効かない自費治療に当たるため、どちらも費用がとてもかかってしまうのが最大のデメリットです。

シロクナリーナとは

シロクナリーナ

シロクナリーナは、毎日の歯磨きケアでセルフホワイトニングが出来る、ホワイトニング歯磨き粉とLEDライトのセットです。

「LEDライトってどういうこと!?」って思いますよね。順を追って説明していきますのでお待ち下さいね笑

酸化チタンと光触媒の説明

シロクナリーナの歯磨き粉に含まれている「酸化チタン」という成分(食品や化粧品にも使われている安全なものです)が歯の表面に付いた汚れや着色を浮き上がらせて、LEDライトを照射することにより光触媒反応を発生させ、ステイン(着色ジミ)や汚れを分解することで歯を白くするというものなんです。

そもそも歯の黄ばみや着色の主な原因は以下の3つと言われています。

  • タバコのヤニ…歯の色素にタールが付着。着色の色は茶色っぽく不潔な印象を与えてしまう
  • コーヒー・赤ワイン・緑茶等…ポリフェノールやタンニン・カテキンは着色しやすい成分
  • カレー・醤油・ケチャップ等…色の濃い食べ物も歯に着色する

これらは言わば生活習慣でもあり、全部を避けるのは難しいですよね。

そこで毎日の歯磨きを「シロクナリーナ」に変えて、お手軽にホワイトニングしちゃおう!というものです。

もちろんホワイトニング効果だけでなく、殺菌効果消臭効果汚れの付着防止効果もありますので、通常の虫歯予防や口臭予防の歯磨き粉として使用してもなんの問題もありません。

シロクナリーナの使い方

使い方は、まず歯ブラシに「シロクナリーナ」の歯磨き粉を出してLEDライトで30秒〜60秒照射します。

その後は普通に歯を磨いて、すすいで下さい。

すすぎ終わったら歯にLEDライトを30秒〜60秒照射します。

以上で終了になります。

シロクナリーナの使い方

歯磨き粉と歯にライトを当てるという工程がありますが、難しいものではないですよね。

まとめ

「シロクナリーナ」は歯磨き粉とLEDライトのセットで使って、初めて威力を発揮するものです。

amazonなどでも歯磨き粉の取り扱いはありますが、LEDライトの取り扱いはありません。

LEDライトと歯磨き粉がセットになった「1ヶ月お試しコース(スターターセット)」は、現在3,999円(税抜)で公式サイトでのみ販売中です。

歯磨き粉として考えるとお値段が高く感じられるかもしれませんが、ホワイトニングケアが自宅でできるのであれば、決して高い商品ではないと思います。

気になった方はぜひ公式サイトを覗いてみてくださいね。

SHIROKU NARI-NA(シロクナリーナ)